インカの卵

インカの卵は、南米チリ産の鶏「アローカナ」が産む青い殻をした卵で、世界で唯一この鶏しか産まないといわれています。

この卵は生薬200種類の中から食品レベルの食物を利用することによって開発された配合物を与えており、そのため鶏の健康状態は常に良く、高い品質とおいしい卵を毎日産んでくれております。

インカの卵の特徴として、黄身の比率が高く、味はとても濃厚で卵かけご飯が好きな方には最高の卵だと思います。また、卵特有の生臭さがないために卵が苦手な方にもおすすめですね。

インカの卵は日本で数ある特殊卵の中でも、その味を競ったら必ず上位に入り込めるほどの実力を兼ねた卵だと思っております。気になる方は是非ともご購入していただきお試しください。きっとご期待にそえると思いますよ。

 

 

 

人生これか卵

画像

こんにちは。イヨエッグです。

これまで弊社の特殊卵といえば米っ娘たまごを中心にこのブログで書いてきたのですが、本日は別の特殊卵についてご説明したいと思います。

その名もタイトルのありますように「人生これか卵」です。

電通のクリエーターからもそのネーミングに一目を置かれたことはさておき、通常の卵には含まれない栄養素である「アスタキサンチン」が含れ、また葉酸が通常の卵の約3倍ほど多く含まれているという健康を気にされている方に非常におすすめの卵であります。

私もイヨエッグで仕事をするまで「アスタキサンチン」という成分がなんのかさえ知らなかったのですし、まず「アスタキサンチン」とうまく言えるまでちょっと時間がかかりましたね。今でも展示会などでうまく言えているか正直自信ないです・・・。

さて、話が少しそれてしまったのですが、アスタキサンチンは主に活性酸素の発生を抑制し、動脈硬化やメタボリックシンドロームなどの生活習慣病を予防する効果があります。

これだけですごく体にいい卵だと思いますよね。ただこれだけではないんです。
さきほども申し上げましたが、「人生これか卵」は通常の卵より葉酸が3倍も含まれているのです。

葉酸は、ビタミンB群の1つで、葉酸は細胞が新しく作られる時に必要とされるため、
おなかの中の赤ちゃんの正常な発育には欠かせないビタミンです。

2002年より母子健康手帳(母子手帳)には葉酸摂取の必要性の記述が掲載されており、厚生労働省は、妊娠中の女性授乳期の女性また妊娠を希望していたり、妊娠の可能性のある女性にも葉酸摂取が推薦されています。

生まれてくる赤ちゃんの健やかな成長のために“未来のお母さん”はしっかり葉酸を摂るようにしましょう。

そんな「人生これか卵」はまさにこれから輝かしい未来がある人生を歩んで行く人と、これからも今と変わらず人生を楽しみたい人へ向けた卵であります。

次回もまた弊社の特殊卵についてお話ししたいと思います。
これか卵

FOODEX JAPAN 2016

フェイスブックのほうでは前にお伝えしていたのですが、弊社は来月に開催されますフーデックスジャパン2016に出展いたします。
日時は2016年3月8日(火)~11日(金)で場所は千葉幕張メッセです。
フーデックスは、アジア最大級の食品・飲料専門展示会で、会期中は7万人を超える来場者とのことです。
弊社はこれまでいろいろと展示会に参加したのですがここまでの規模は初めてですの少々萎縮しておりますが、
やるからには全力で臨むべく、現在対フーデックス用にブース装飾をいろどる武器の開発中でございます。
それが出来次第、当ブログもしくはフェイスブックにアップしたいと思いますので、フェイスブックもブログ同様チェックしていただければと思います。

次回は弊社の特殊卵についてお話ししたいと思います。